オンラインカジノについて

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは、パソコンやスマートフォンで遊べるオンラインのゲームサイトのことである。
実際にお金を賭けてゲームをプレイし、勝ったお金を出金することができる。
日本ではそこまで知られていないが、海外では約20年以上の歴史がある巨大産業で、日本でもプレイする人が年々増えている。
オンラインギャンブルサイト全体での規模は、2015年で約4.5兆円と今後も大きく成長すると推測されている。

オンラインカジノの構造

オンラインカジノは海外企業が運営していることが多く、インターネットを通して実際の資金を賭けて遊ぶことが可能だ。運営会社は、各国の政府が発行する運営許可証(ライセンス)を所持しており、合法的に運営されている。

オンラインカジノのライセンス

カジノのライセンスは、デンマーク、エストニア、イギリス、マン島、ベルギー、イタリア、オルダニー島、ジブラルタル、マルタ共和国、ネバダ州、デラウェア州、ニュージャージー州、カナダ、コスタリカ、キュラソーなどの様々な国や地域で発行されている。
カジノ運営会社がライセンスを持ち続けるには下記項目が政府によって検閲されている。

  • 経営者の背景
  • プレイヤー資金の管理体制
  • プレイヤーデータの管理体制
  • ゲームの公平性
  • ギャンブル依存症対策、マネーロンダリング対策

これからの項目がチェックされており、不正が認められた場合ライセンス剥奪となるのでプレイヤーは安心、安全にゲームをプレイすることができる。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは、1994年にヨーロッパ市場にて初めて登場した。この会社は現在でも大手ゲーム提供企業として存在している。
オンラインカジノが登場した1994年、アンティグア・バーブーダという島国が、世界で初めてオンラインカジノライセンスを発行して以来、各国でライセンスが発行されている。ライセンス機関の普及と規制の改善により、プレイヤー保護、マネーロンダリングの防止体制が強化され、現在ではプレイヤーにとって安全な環境が確保されている。
オンラインカジノ業界は20年以上の歴史を経て、ゲームの種類も多様化している。
例:ライブカジノゲーム、対戦型ポーカー、スポーツブック、ビンゴ、Eスポーツなど。
なかでも特にオンラインカジノが盛んなのはヨーロッパで、数多くの運営会社やゲームメーカー、決済会社が上場を果たしている。今では様々な企業がテレビCMやスポーツチームスポンサー契約を重ねる巨大産業なのだ。
しかし、オンラインカジノ関連の法律は、ヨーロッパ各国も日本と同様、明確ではないケースが多い。だが近年では法整備が整い、一般企業と同じく納税義務も発生している。米国市場も各州ごとに法整備が整い始め、合法化、もしく部分的な合法化を果たしている。

主要なゲーム

オンラインカジノは主にはカジノゲームを指すが、他にもたくさんの種類のゲームが存在している。

  • スポーツブック – スポーツの試合結果に対してベットするサイト。
  • オンライン麻雀、オンラインポーカー – 他のプレイヤーと対戦型ゲームが楽しめる仕組み。
  • ライブゲーム – 実際のディーラーがカードを配るところの生配信映像を見ながら遊ぶカジノゲーム。

などの種類がある。

オンラインカジノ一覧